突如現れたゼライスで紅茶のパンナコッタ

こんにちは。こももです。

この週末は暑かったですね。

来週はお天気が崩れる予報みたいですが、、

君はいつからいたんだい?

台所の引き出しから突如出てきたもの。

それはゼライス。

そう、ゼリーなどを作る時に使うあの顆粒状のゼラチンです。

マルハニチロ ゼライス

一袋だけペロっと出てきたんです。

こやつ、、一体いつのものだろうか、、、?

というくらいここ数年ゼライスを使った記憶がないw

が、ここであったも何かの縁。

さっそく使うことにしました。

紅茶のパンナコッタを作る

作るのは以前、北欧暮らしの道具店 で見ておいしそう!とクリップしておいたレシピ紅茶のパンナコッタに決定。

材料はすごくシンプル。

  • 牛乳:300ml
  • 紅茶のティーバッグ:2袋
  • グラニュー糖:50g
  • 粉ゼラチン:5g
  • 生クリーム:100ml

私はグラニュー糖の代わりに家にあったパルスイートで作りました。

作り始める前に、、、

あらかじめ粉ゼラチンは大さじ2の水でふやかしておきます。

それと事前に氷水を入れたボウルを用意しておくと良いですよ。

材料だけじゃなく作り方もシンプル

まずは牛乳とティーバッグを鍋に入れて弱火にかけます。

牛乳を沸騰させないように!

しばらくすると紅茶が煮出されていい色に。

温まってきたらグラニュー糖を加えて溶かします。

沸騰直前(難しいw)で火を止めてティーバッグを取り出して

鍋を火からおろしたらすぐにふやかしたゼラチンを加えてよく混ぜ、溶かしてから生クリームを加えます。

鍋底をボウルに張った氷水にあてて冷やしながら、粗熱が取れるまで混ぜます。

この氷水にお鍋をつけてなるべく早めに粗熱を取るのがポイント。

このひと手間でぐっと滑らかな舌触りのパンナコッタになるそうですよ。

粗熱がとれたら器に均等に流し入れます。

私は マーロウのビーカーカップで作りました。

とはいえ、2つしかいないのでもう一つはマグカップで作りましたけどw

あとはラップをかけ冷蔵庫で冷やして完成です!

こっくりと甘く濃厚で美味

生クリームを少量かけていただきます。

が、ここで失態。写真を撮り忘れ、、、><

一口食べて「わ!おいしい!めっちゃなめらか〜!」と言った瞬間に気づきました。

まだまだブログ初心者ですな。食欲の方が勝ってしまうw

私はタイミング的に冷やし始めて8時間ほど経って食しましたが、おおよそ3〜4時間程度でちゃんと固まるそうです。

氷水で冷やしながら早めに粗熱を取ったからか、すごくなめらかプルプルでした。

紅茶の風味も豊かでとってもおいしい。

今回グラニュー糖の代わりにパルスイートを使ったのでお砂糖の量は1/4くらい。

甘さとしては同じくらいだと思いますがw

私はミルクティーは甘くてなんぼだと思っているのでこっくり甘くて大正解ですが、ちょっと甘すぎると感じる方はお好みでお砂糖の量を調整するのもアリだと思います。

アイスクリームや市販のキャラメルソースをかけても、贅沢な気分が味わえるみたいですよ!

濃厚さに心とろける「紅茶のパンナコッタ」

それでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA