アラフィフの脱毛事情<episode11>

当サイトで紹介している商品・サービス等の外部リンクには、アフィリエイト広告を利用しているものがあります

こんにちは。こももです。

私の脱毛の記録。

今回は11回目の施術の様子です。

私の脱毛履歴

私は過去に二度サロン脱毛を経験しています。

最初は脇、20代後半に。回数制。

次は膝下、30代半ばころ。こちらも回数制。

両方とも納得いくまで(期間延長しながら)施術をしました。

現在数本は残っていますが、脇と膝下はほぼ気にしなくていい状態です。

人生三度目の目的はズバリVIO脱毛。

今回の脱毛はミュゼプラチナムに通うことにしました。

しかもVIOだけでなく全身脱毛、一生涯通える完了保証コースです。

アラフィフの脱毛事情<episode0>
ミュゼ

前日の準備

1ヶ月前はIゾーンの毛量がまだ多いと感じましたが、今回は濃く太い毛で存在感はあるもののかなり少なめ。

やはり毛周期が関係しているのでしょうね。

ですがIゾーン以外のデリケートゾーンにはほとんど毛が生えてこなくなりました。

なので剃毛対象はほぼIゾーン。

なかなかシェーバーを当てづらい部分ではあるけど、小回りのきくフェリエだとしっかり剃毛できます。

デリケートゾーンの剃毛は3〜5分で完了。

今回も白髪が結構ありました。ショック

デリケートゾーン以外の剃毛はお風呂場にてカミソリで行うのですが、その際に左太もも裏にとてつもなく大きな打撲痕を発見しまして。

いや、、、発見と言いながらぶつけた自覚は当然あるんですけど(笑)

もう少し小さく薄くなってると思っていたのに、想像以上に大きく黒々としていて存在感がスゴかった。

大きさは500円玉2〜3個分ほどだったかな。

そして左足のスネにも大きめの打撲痕が。

打撲痕があるとその場所は照射できないので、特に脱毛前は気をつけていたはずなのに!

自分の注意力のなさにウンザリ、、、本当に気をつけねば。

あとは当日の朝に顔剃りをして準備完了です。

光脱毛と打撲の関係

注意力散漫な私がよくやってしまう打撲

衝突や転倒などの強い衝撃によって筋繊維や血管が損傷することを打撲といいます。

打撲は打ち身とも呼ばれ、皮膚の表面には傷口がなく患部の付近に内出血(あおなじみ、あおたん)ができます。

これは一時的に内出血したことが原因で現れる症状のため、数日〜数週間で消えていくことがほとんど。

放っておけば自然に治癒される打撲ですが、脱毛時には影響が大きい!

内出血によって赤や紫、青や黄などの色味が残っている箇所には照射が出来ないんです。

光脱毛は成長期の毛に光を当ててメラニン色素に反応させるので、色の濃い部分は痛みを感じやすいのだそう。

また照射しても表面のメラニン色素に反応してしまうため、毛根まで届かず効果が得られない場合も多いのだとか。

これは打撲の他、赤み、傷や傷跡、あざ、シミ、吹き出物、ほくろも同様です。

私の通うミュゼプラチナムでは、上記のような部分には白い保護シールを貼ったりライトが当たらないように避けてお手入れをしてくれます。

お手入れはしてくれますが、その部分に生えている毛には光を当てないので当然脱毛効果は得られません。

打撲がなければ照射が出来て、今後は生えてこなかったかもしれないのに、次の毛周期が来るまでお預け状態。

なんだか損した気分になります。

だって1回でも少ない回数で脱毛を終えたいですからね!

あざやほくろは仕方がないけど、打撲や吹き出物についてはなるべく気をつけて発生させないようにしたいところです。

第11回施術当日

12月に入って寒さが増し、外出が億劫になってきたこの頃。

運動を兼ねて片道1時間かけて歩いてサロンへ向かいました。

今回担当してくれたのは社会人1年目の華奢なスタッフさん。

先輩スタッフと2人体制ではなくひとりで担当してくれました。

そうか12月にもなると独り立ちするんだね!

この日はクロワッサンと塩パンの話題でかなり盛り上がりました。

そして同じ塩パン屋さんにハマっていることも判明(笑)

話が尽きず楽しい90分でした。

ただ、、、やはり照射はイマイチだったかな(^^;

毎回、太く濃い毛が密集するデリケートゾーンだけは照射時に多少の熱を感じるのですが、今回はまったく感じず。

でもきっと回数を重ねて上手になっていくのよね。

誰もが最初は新人、11回も通っていればこういう回もあるよね!

ということで次回は約一ヶ月後、2023年脱毛初めです(笑)

それでは、また。

ミュゼプラチナム 美容脱毛サロン ミュゼプラチナム
ミュゼプラチナム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA